火花の中での仕事!燃えにくい素材で作られた作業服

大切な従業員の身を守る役割がある防炎作業服

日本では、鉄工や造船などの溶接などを行う際に、火花などが作業員に向かってくることがあります。そうなると、作業員が火傷を負ってしまうこともあり、最悪命にかかわる事態になることも考えられます。従業員に何かあった場合には、補償の問題が起きたりするので、会社としては十分な安全対策をする必要があります。安全対策の一つとして、火花が作業着についても燃えにくく、またたとえ着火しても燃え広がりにくい防炎作業服を利用する方法があり、着用するだけなので簡単です。防炎作業服の防炎効果が高いのは、難炎繊維などを使っているからで、メーカーが発売する前に十分な防炎性能試験をしています。数千円程度の価格帯のものが少なくなく、それほど経済的負担にはなりません。

防炎作業服は様々な種類のものが発売されている

静電気による事故を防ぎやすくできる帯電防止加工がされている商品、快適性を維持して作業効率を上げられることが期待できる速乾吸汗性があるものなど、様々な防炎作業服が発売されている状況です。発売元によっては、会社の名前やロゴなどをプリントや刺繍をしてくれるサービスを展開している会社もあります。オリジナルの防炎作業服をつくると、チームで動いている様な気持ちになり連帯感が生まれることが期待でき、またその作業服自体が会社の宣伝にもなります。もちろん、季節にあわせた防炎作業服があり、たとえば冬用のブルゾンや夏用の長袖シャツなどが発売されています。おしゃれな防炎作業服も各メーカーから発売されていて、普段着として利用することもできます。

作業着には様々な魅力やメリットがあります。機能性に優れており動きやすい、タフな素材が使用されていて安全性が高い、着用することで作業中であるということをアピール出来るなどがそれにあたります。