夏場では必須??吸水性や速乾性に優れた作業服

汗のべたつきを抑え涼しく作業

作業服を着て作業をする場所は常に空調が調っているとは限りません。夏場だと屋外でも屋内でも暑くなるのでどんどん汗が出てくるでしょう。機能が弱い作業服だと汗がべたついたりして作業効率に影響が出るときもあるので、作業しやすいタイプを作業員に来てもらう必要があるでしょう。夏にいいのは吸水性と速乾性の両方を備えたタイプと言えます。吸水性が高ければ汗をどんどん吸ってくれるのでべたつきが減り不快感も無くなります。又、水分が蒸発するときに気化熱により温度を奪うので、速乾性が高い素材だと速乾性が低いタイプよりも涼しく作業ができます。吸水性はあるが速乾性がないと不快感が残ってしまうので、どちらも備えているかどうかを確認して購入しましょう。

氷も電気も使わずに涼しい素材

夏は非常に暑いですが危険な作業をするときなどは一定の作業服を着用しなければいけません。暑い上に長袖を着ないといけないときもあり、熱がこもる素材を使った作業服だと作業員の体調に影響する可能性が出てきます。そこで接触冷感機能のある素材を使った作業服を選んでみましょう。通常冷たくするといえば氷や電気的な力で冷やすなどが必要ですが、作業服を凍らせるわけにはいきませんし電気を使えないときもあります。接触冷感素材にはいくつかの種類があり、単に熱伝導率の高い素材を使ったものから速乾性などの機能を組み合わせたものもあります。熱伝導率が高いだけだと徐々に涼しさが減りますが、他の機能を組み合わせていると長く涼しく感じられるので作業もしやすいでしょう。

作業服の通販会社は専門店でも扱っていない、特殊な製品を販売している所が多いのが魅力です。サイズや材質、用途別に複数の製品を販売しているので、価格や衣類の耐久性などの条件別に選ぶことが出来ます。