社員の負担を減らせる!汚れてもすぐに洗い落とせる作業服

作業服は汚れを最小限に抑える工夫がされている

作業服とは、汚れやすい環境で着る事が想定されているため、頑丈で汚れを最小限に抑える工夫がされています。作業服のメーカーによって、生地は異なりますが、シリコンやフッ素で生地の表面を予めコーティングしておく事で、水や油を弾く加工がされているため、汚れが繊維に染み込みにくくなっている作業着もあります。

また逆の発想で、水や汚れを弾くのではなく、繊維に水が浸透しやすい加工をする事で、汚れても繊維と汚れの間に水が浸透し、汚れをキレイに洗い落としてくれる作業着もあります。ただ洗濯回数を重ねると、加工の威力も落ちてしまい、汚れやすくなってしまう事もあるので、その場合は、防水スプレーやベビーパウダーを使用する事で、作業服が汚れるのを予防する事が可能なので試してみて下さい。

作業服を洗濯する時のポイント

作業服が汚れにくい工夫がされていても、全く汚れない訳ではありません。なので作業服は洗濯の仕方も重要だと言えます。作業服を洗濯する時のポイントは、汚れの種類別に正しい洗い方をする事です。泥汚れと油汚れでは、汚れの種類が異なるため、洗い方や洗剤の選び方も変わってきます。泥汚れの場合は、砂の小さな粒が繊維に入り込んでしまっている状態です。そのため洗濯ブラシを使って、繊維に入り込んだ砂の粒をかきだし、固形石鹸で直塗りしてゴシゴシとブラシで擦ると落ちやすくなります。

油汚れは、油が固まって落ちにくくなっているので、お湯を使って洗濯をしましょう。油が酸性なので、アルカリ性の洗剤を選ぶと、分解されて油汚れが落ちやすくなります。作業服の汚れは、どうせキレイにならないと諦めている人もいるかもしれません。ですが汚れの種類別に、正しい洗い方をすれば、キチンと汚れを落とす事が出来ます。